なぜ??便秘茶はホントに便秘を改善できるの?

なぜ便秘茶は便秘を改善できるの?

便秘を解消するためには「野菜を多く摂る」という食事療法と、「体を動かす」という運動療法があります。
それでも改善できない場合、緊急で何とかしたい場合は「下剤」に頼る人も少なくありません。

 

しかし、最近では便秘茶も注目を集めています。
ただのお茶に、なぜ頑固な便秘を改善できるのでしょうか。
今回は、そんな便秘茶が便秘を改善できる理由を紹介していきます。
便秘茶6
(目次)
1.便秘茶って何?
2.便秘茶は有効成分の宝庫

 

・便秘茶って何?

便秘茶とは一般的に愛用されているお茶をベースに、便秘に有効な成分を多く含んだ特別仕様のお茶です。
有効成分はたくさん含まれていますが、決して味が変わるようなものではないので、毎日の水分補給を便秘茶に変えるだけで良いという手軽さが受けています。

 

・便秘茶は有効成分の宝庫

便秘茶には、その名の通り便秘に有効な成分がたくさん入っています。
1,食物繊維
2,ポリフェノール
3,イソフラボン
4,ビタミンC
5,他

 

1,食物繊維
便秘に効果的な成分として有名です。
これを便秘茶に配合するためには「ゴボウ」「キャンドルブッシュ」などがよく利用されています。
「キャンドルブッシュ」は聞き慣れないかもしれませんが、お通じに最適と言われるハーブの一種です。

 

2,ポリフェノール
これも新陳代謝を促す有名な有効成分です。
これを便秘茶に配合するためには「アサイー」「マクイベリー」がよく利用さています。
「アサイー」は美容効果も高く、それ単独でも有名な健康食材です。
あまり聞き慣れないかもしれない「マクイベリー」は「アサイー」の何倍も多く含んでいると言われています。

 

3,イソフラボン
女性にとってはとても大事な有効成分です。
これを便秘茶に配合するためには「黒大豆」「ハニーブッシュ」がよく利用されています。
このイソフラボンという成分は豆類に多く含まれていると言われていますが、「ハニーブッシュ」も同様にイソフラボンが豊富です。

 

4,ビタミンC
便秘を解消するためには腸内環境を整えることが重要です。
このビタミンCは腸内環境を左右する腸内細菌を増やす効果があります。
これを便秘茶に配合するためには「ローズヒップ」「柿葉」がよく利用されています。

 

5,他
腸がうまく活動するために体温を上昇させる効果のある「生姜」、健康に有効なミネラルを多く含む「ルイボス」などもよく利用されています。

 

ただ、便秘茶に含まれている成分は種類によって大きな違いがあります。
含まれている種類は少なくても約10種類から多いと約20種類以上も含まれている場合があります。

 

いかがでしたか?
便秘茶は特別な成分が多く配合された特別なお茶です。
配合されているものは確かなものばかりですが、それらがケンカしないように緻密に計算されて配合されています。

 

配合される種類は多い方が良いというものでもありません。
配合バランスなどによっては、少ない種類でも効果的な便秘茶が多くあります。
薬ではないので、いろいろと試して自分に合った便秘茶を探しましょう。