便秘の原因ってなに?

便秘の原因

便秘は大腸に便が溜まって排泄されない症状ですが、実はその原因は様々です。
原因に合った処置をしないと便秘はうまく改善されないので厄介です。
便秘の原因を知れば、正しい対処法も分かるし、今後便秘になりにくい体質に変えられるかも知れませんよ。
今回は、便秘の原因について紹介していきます。

 

(目次)
1.けいれん性便秘
2.弛緩性便秘
3.直腸性便秘
4.器質性便秘
便秘茶9

・けいれん性便秘

この便秘は副交感神経と関係が深い便秘です。

 

・弛緩性便秘

この便秘は生活習慣を関係が深い便秘です。
「運動不足/野菜不足/睡眠不足/ダイエット」などが原因で引き起こされる便秘です。
こういったことが原因で、大腸が緩み、便がうまく運ばれません。

 

そのため、便が長く大腸に留まってしまいます。
その間、水分がどんどん吸収され、便が硬く小さくなっていき、余計に排泄されにくくなります。
対処法としてはしっかり水分や野菜を摂ること、改善されるまで運動は控えることが重要です。

 

・直腸性便秘

この便秘は直腸(肛門の直前)に便が溜まってしまう便秘です。
通常、直腸に便が来ると、自然と肛門から外に排泄するような動きが始まるのですが、直腸性便秘はその動きが起きないので、便意はあるけど便は出ないという感じになります。

 

直腸自体が弱ってしまう高齢者や、排便を我慢する傾向にある人に多く見られる便秘です。
直腸でも詩文の吸収があるので、肛門付近で便がどんどん硬くなり、そのまま巨大化してしまいます。
こうなると肛門の直系と便の直系が合わず、自力で排泄することが困難になることもあり、無理に排泄すると肛門が切れて「切れ痔」になってしまうこともあります。

 

・器質性便秘

腸そのものの器質的な問題がある場合に起きる便秘です。
器質的な問題とは、例えば「生まれながら腸の形状が特殊である」とか「大腸ガンを患っている」などを表します。
そのため、便秘そのものではなく、もっと大きな根本的な原因があるので、そちらの治療を優先しなければなりません。
特に、このようなタイプの便秘に下剤などは余計な負担を与えることになるので、絶対にしてはいけません。

 

いかがでしたか?
便秘には様々な原因が考えられるようですね。
便秘だからと安易に診断して下剤や便秘薬に頼ることは控えた方が良さそうです。
多くの場合、水分補給で改善されることが多いので、まずはそれを試しましょう。
それでも改善されず、市販薬に頼る状態なら、できるだけ全専門医に診てもらうように心がけましょう。

 

 

(参考URL)
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/14_benpi/index1.html