便秘茶に使われている材料ってどんなの?説明します!

便秘茶に使われている材料ってどんなの?

便秘茶は天然成分で作られた体への負担が少ない健康茶として有名です。
しかし、いくら天然成分と言われても何が入っているのか気になりませんか?
今回は、そんな便秘茶に使われている材料について紹介します。

 

(目次)
1.主に使われる材料
2.商品によっては使われることがある材料

 

・主に使われる材料

すべての便秘茶に使われているとは限りませんが、ほとんどの便秘茶に配合されている材料と簡単な紹介をしていきます。
「ルイボス」
美容成分であるビタミンが豊富で、活性酸素を除去すると言われています。
妊娠中の人でも安心して飲める成分なので便秘茶に多く使われています。
ビタミンは腸内細菌を増やしてくれるので、体質改善にも一役かっています。
「ハニーブッシュ」
甘い香りが特徴的で、豆類に多く含まれるイソフラボンも豊富に含まれています。
「生姜」
ジンジャーとも呼ばれます。
保温効果に優れ、体温を高く保つことができます。
脂肪燃焼に効果があるだけでなく、腸管の運動が活発になります。
「キャンドルブッシュ」
食物繊維が豊富で、お通じがよくなると評判のハーブです。
その成分は下剤に含まれる成分と同じなので効果は確かです。
東南アジアでは薬膳料理にも利用されてきました。
「ゴボウ」

食物繊維がかなり豊富です。
食べたり料理したりするには少々苦労しますが、便秘茶として飲むだけなら利用しやすい材料ですね。
「ローズヒップ」
ビタミンとミネラルが豊富です。
便秘だけでなく、健康や美容にも効果があります。
アンチエイジングのための材料としても重宝されています。
「ハイビスカス」
ビタミンやクエン酸が豊富です。
ハイビスカスティーだけだと少々酸っぱくて飲みづらいという声がありますが、便秘茶の場合は配合されているだけなので、とても飲みやすくなっています。
便秘茶10

・商品によっては使われることがある材料

「柿葉」
レモンの約20倍のビタミンを含んでいると言われます。
他にもミネラルやポリフェノールも豊富なので、健康にも良い成分です。
「桑葉」
ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。
美容だけでなく、脂肪燃焼なども期待できます。
「アロエ」
食物繊維が豊富で、「医者いらず」とも言われ続けてきた植物です。
薬にも利用されるものなので、高い効果が期待できます。

 

いかがでしたか?
他にもたくさんの種類が多く配合されています。
このような種類が約10種類〜20種類配合して作られています。
妊娠中の人でも、ダイエット中の人でも安心して飲めるものがたくさんあるので、じっくり選んでみましょう。